ウェッジウッドの紅茶

ウェッジウッドの紅茶は、1759年、”英国陶工の父”ジョサイア・ウェッジウッドが創設した陶器ブランドの紅茶です。英国陶芸の金字塔として世界から高い評価がされ、独特の白く光り輝く「ファイン・ボーン・チャイナ」という陶磁器はイギリスの紅茶文化に多大な影響を与えました。紅茶缶にある陶磁器のシンボルがそれを物語っています。このことから、今日でもウェッジウッドは陶磁食器メーカーとしても有名で、世界に広く普及しています。

この紅茶はその陶器にふさわしい気品ある味と香りのブレンドを追及していて、美しい茶器にこだわる英国人のこだわりが見える逸品揃いのものになっています。